カテゴリー別アーカイブ: 好きだったけど思いとどまった恋

好きだったけど思いとどまった恋

あれは大学生の頃・・。母校の高校の合宿に遊びに行ったときのことです。夜は私たちOGと先生でお酒を飲んで、ほろ酔い気分になった頃、気づけば一人の男の先生と2人きりになっていました。その先生は私より30歳以上も年上の男性でしたが、明るくてとても魅力的な男性でした。高校生の頃から、恋とは違うかもしれませんが憧れていたのは事実です。先生はよく生徒に自分の奥さんの話をしていて、そんな愛妻家なところも先生を好きだった理由の一つです。
しかし、その夜、私は先生に告白をされました。
「ずっと好きだった」と・・。
私は今起こっている状況を受け入れるのに必死なくらい、びっくりしていました。
周りからは「先生は○○(私の名前)のこと気に入っているよね!」などと言われたこともありましたが、まさか告白されるとは全く思っていなかったからです。
しかも愛妻家だと思っていた先生の口から「つきあってほしい」なんて言葉が出るとは信じられなかったのです。
私は思わず「先生は卒業した生徒にいつもこんなこと言っているのですか?」と言ってしまいました・・。

今思えばひどい言い方だと思います。
自分だって、好きだった先生から告白されて嬉しい気持ちがあったはずなのに、先生を侮辱するような発言をしてしまうなんて・・。
でもそのときは嬉しい気持ちと同じくらい、ショックだったのかもしれません。
私の好きになった先生は、奥さん一筋でなければ、私の好きになった先生ではないと思ったのです。

先生は困っている私に何度も「ダメか?」と聞いてきました。

私はうなずくことしかできず、結局つきあうことはありませんでした。

しかしその後しばらくして、ちょっと後悔する気持ちもありました。
先生のこともっと知りたい、先生と一緒の時間を過ごしたかった、という気持ちがあったからです。
あのとき断ったことがとても勿体ないことをしたのではないかと思うようになりました。

そして変な話ですが、今になって思うことは、もし告白されていたのが、自分が25歳を超えているときならば、私は付き合っていたのではないかということです。
告白されたときは、まだ若くて純粋だったから思いとどまれた恋も、歳を重ねて色々なことを経験した私はそこまで純粋に物事を考えられないような気がするからです。
不倫がダメとか、先生は愛妻家であってほしいとか、そんなことより、自分の気持ちを優先したような気がします。

とはいっても現実はわかりませんが・・。なんだかんだ言ってもいくつになってもやはり断っていたかもしれません。